ハイドロカルチャー

ハイドロカルチャー用の植物の選び方とハイドロカルチャー化の方法

ドリス
ドリス
ねえねえ、最近ハイドロカルチャーってよく聞くけど、何の事なの?
エルバス
エルバス
ハイドロカルチャーは簡単に言うと”水耕栽培”の事だよ♪

 

この投稿をInstagramで見る

 

暮らしの雑貨とギフトの店 COMFY 金沢さん(@comfyplus)がシェアした投稿

最近、土を使わず簡単に水だけで栽培出来るハイドロカルチャーが人気です。

ハイドロカルチャーの人気の理由

手入れがとても簡単♪

容器を選ばない♪

清潔感がある♪

見た目もお洒落♪

と言う事が挙げられます。

実はそんなハイドロカルチャーは、ハイドロボールを使えば、誰でも簡単に作れてしまいます。

既製品を買うよりもリーズナブルに出来る上、自分のお気に入りの植物と容器を組み合わせて作る事が出来るので、より愛着を持てるようになります。

エルバス
エルバス
今回はハイドロカルチャーに向いた植物の選び方や、お洒落で可愛いハイドロカルチャーの作り方をご紹介します。

ハイドロカルチャーとは

ハイドロが”水”、カルチャーが”栽培”を表し、水耕栽培を意味します。

通常の鉢植えのように土を一切使わずに、人口用土である”ハイドロボール”を使用します。

ハイドロボールは、別名発泡煉石はっぽうれんせきと呼ばれ、粒の中に空気室を持ち、植物に水の入った容器の中で”水”と”空気”を同時に与える事が出来る優れものです。

その為、基本的には水を与えるだけで良いので手入れもとても簡単です。

ただ、肥料効果はないので適宜、液体肥料を与える必要があります。

また、通常の鉢植えの土で栽培されている植物は、土の中のバクテリアが老廃物を分解し根腐れを防いでくれますが、ハイドロボールにその力はありません。

根腐れ防止剤などを使ってその役割を担ってもらう必要があります。

ハイドロカルチャーが初めての方は、水の残量が一目でわかるガラスの容器がおすすめです。

エルバス
エルバス
陶器など、中が見えない容器を使う場合は、水位計があると便利です♪

ハイドロカルチャーに向いている植物・向いていない植物

ドリス
ドリス
自分で植物を選べるって言ったけど、どんな植物でもいいの?
エルバス
エルバス
あまりおすすめ出来ない植物もあるよ!

ハイドロカルチャーに向いている、向いていない植物を見分ける方法は2つです。

向き不向きの見分け方

✔️直射日光を好むかどうか

✔️水分を必要とする植物かどうか

エルバス
エルバス
この2つを覚えておけば大丈夫だよ♪

直射日光を好む植物は向いていない

ハイドロカルチャーはお伝えしているように、基本的に”水”で栽培します。

土の中は常に加湿状態である為、直射日光の当たる場所に置いておくと、カビやコケが発生する原因に繋がります。

また、水の温度が上昇する事で容器内の温度が上昇し、根にダメージを与えることになります。

その為、ハイドロカルチャーで育てる場合は耐陰性のある植物を選び、カーテン越しに日が当たる場所や、半日陰の場所に置くようにします。

ゴムの木など、直射日光を好む植物は避けたほうが良いでしょう。

ハイドロカルチャーに向いている植物

・テーブルヤシ

・ドラセナ

・ガジュマル

・パキラ

・クワズイモ

・リュウビンタイなど

水分をあまり必要としない植物は向いていない

サボテンやその仲間の多肉植物などは体内に自ら水分を蓄えられる性質があります。

その為、あまり水やりを必要としないので、水耕栽培には適していません。

向いていない植物

・サボテン&多肉植物

・ディスキディアなど多肉質の葉を持つ植物

ハイドロカルチャー化の方法

エルバス
エルバス
向いている植物が分かったところで、今度は実際にハイドロカルチャーに植え替えてみましょう!
ドリス
ドリス
動画もあるよ♪

ハイドロカルチャー化と聞くと、難しそうに感じるかもしれませんが、そんな事はありません。

エルバス
エルバス
通常の鉢植えよりも簡単ですよ♪
用意するもの

・容器

・ハイドロボール

・根腐れ防止剤

・水を入れた鉢

・割り箸などの棒

・液体肥料

ハイドロカルチャー化の手順

今回用意した観葉植物は、ペペロミア(スイカぺぺ)とガジュマルです。

どちらも強い日差しを必要とせず、水分を好む植物なので、ハイドロカルチャーに向いています。

ドリス
ドリス
それぞれの詳しい育て方はこちらをどうぞ♪
【ペペロミアの種類&育て方】鉢植えもハンギングも楽しめる観葉植物!ペペロミアは鉢植えでもハンギングでも楽しむ事が出来る魅力的な観葉植物です。ペペロミアの特徴や種類・育て方を写真付きで分かりやすくご説明します!...
ガジュマルの特徴や育て方!素人でも簡単に育てられるお勧め観葉植物!ガジュマルは観葉植物の定番中の定番であり、とても人気が高い植物です。良く育ち、手入れも簡単なのでこれからグリーンライフを始めようと思って...

まずは鉢から抜き取り、土を取り除きます。

土がついたままだと、ハイドロカルチャーと共に根腐れを起こしてしまいます。

ある程度土を取り除いたら、水でよく洗います。

エルバス
エルバス
水が濁らなくなるまで洗いましょう!

用意した容器に薄くハイドロカルチャーを入れます。

中が見えない容器を使う場合は、水位計を用意しましょう!

その上に根腐れ防止剤を必ず入れましょう!

ドリス
ドリス
物によっては、根腐れ防止剤が入っているタイプもあるので、購入の際に確認しよう♪

更にその上にハイドロカルチャーを少し入れサンドイッチ状にします。

配置を決めたら、植物の周りにハイドロカルチャーを入れていきます。

用意した棒でハイドロカルチャーを押し込み、隙間が無いようにすると植物が固定します。

エルバス
エルバス
あっという間に完成です♪

最後に水を1/5程度入れます。

その後の管理

エルバス
エルバス
手入れはとても簡単です!

置き場所は、水温が上昇しないように明るい日陰であり、涼しい環境を選びます。

水やりは水分が完全になくなってから、1/5の高さを目安にして与えます。

また、ハイドロボールには肥料が全く入っていません。

固形タイプだと強すぎるので、液体肥料を月に2回ほどのペースで与えてください。

まとめ

今回は、ハイドロカルチャーについてご紹介しました。

エルバス
エルバス
栽培もハイドロカルチャー化もとても簡単な上、見た目も清潔感があり、美しいハイドロカルチャーおすすめですよ♪
ドリス
ドリス
チャレンジしてみてね♪