サボテン

ディソカカクタス・アマゾニクスの育て方・日常管理

ステラ
ステラ
ELBAZ FARMの新しい植物をご紹介します♪

【ディソカクタス ・アマゾニクス】

株姿がダイナミックで、オブジェのようなかっこよさがあります♪

流通が少なく、珍しいジャングル性の着生サボテンです。

キンヒモサボテンもこの種と同じ属ですが、茎の形状はだいぶ異なり、ぺらぺらの平たい茎をもちます。サボテンには珍しい青紫色の花を咲かせます。

仕入れた当初、10月、11月ごろは花をたくさんつけていました!

ドリス
ドリス
ELBAZ FARMでの栽培は初めてだね!

試行錯誤の栽培日記をお届けします♪

ディソカクタス ・アマゾニクスとは

ディソカクタス ・アマゾニクスの分類

科名:サボテン科

属名:ディソカクタス属

原産地:アマゾン

※パナマ産は亜種パナメンシスと扱われる場合があります。

中南米に広く分布し、クジャクサボテンやリプサリスに近い着生サボテンです。

ディソカクタス ・アマゾニクスの育て方

育て方に関する情報が少ないため、基本的にはリプサリスに近い環境下で管理し、株の様子をみて調整する予定です♪

2021年1月20日

置き場所

直射日光を避けた、日当たりの良い場所で管理しています。

茎がダイナミックに四方八方に伸びているので、ハンギングにぴったりです♪

水やり

この株は、5℃以上の室内で管理しているので、月に1度程度の水やりと乾燥が気になる時の葉水をしています。

【水やりの目安】

【春・秋】表土が乾いたらたっぷり与えます。

【夏】暑さで生育が緩慢になるため、表土が乾いてからさらに数日置いて水を与えます。花やつぼみに水がかかると傷んでしまうので気を付けましょう。

【冬】休眠期に入るので、ほぼ断水します。ただし、極度の乾燥は嫌うので、月に1〜2回を目安に水を与えましょう。5℃以下になる時には完全に水を断ちます。

肥料

冬場は休眠期にあたるため、与えません。

春になったら緩効性肥料を与える予定です!

用土

仕入れた当初より、水苔栽培されていました。

着生サボテンなので、水苔栽培も可能ですが、丈夫で旺盛な生育のためには培養土が望ましいです。春になったら培養土への植え替えを予定しています。

用土はリプサリスに適した土を基本に、株の様子で配合を調整していきます。

【リプサリスに適した土】

☑︎排水性

☑︎通気性

☑︎保肥性

☑︎粒のサイズの揃った土

に優れた用土を選びます。

例)赤玉土(小粒)4:鹿沼土4:腐葉土3

植え替え

生育期である春(4月〜6月)もしくは秋(9〜10月)に行うのが望ましいです。

気温が10℃を超えるようになってきたら、植え替えの時期です。

鉢底から根が出てきているのは植え替えのサイン!

ステラ
ステラ
春になったら培養土へ植え替え予定です♪

冬越し

基本的に暖かい場所で自生する植物なので、10℃以上保てる環境で管理します。

増やし方(挿し木)

リプサリスと同様、挿し木で増やすことが一般的です。

ただし、生育が遅く、繁殖も難しいと言われています。

植え替え同様、生育期である春(4月〜6月)もしくは秋(9〜10月)に行うのが望ましいです。

折れてしまっている茎があるので、試しに挿し木に挑戦します♪

ステラ
ステラ
上手くいくでしょうか^^;

挿し木の適期は春と秋ですが、10℃以上を保てる環境があればそれ以外の時期でも可能です♪

【挿し木の手順】

1、茎を節に合わせて5cmから10cmの長さにカット

2、挿し穂は半月ほど日陰で1週間から10日乾燥させる

3、乾燥させたあと、挿し木用土(赤玉土など)に挿し穂を挿して発根を待つ

4、10日ごとの水やりをして、発根を待つ

5、発根したら定植する

 

まとめ

インパクトのある株姿は、部屋の雰囲気をガラリと変えてくれます♪

栽培日記、随時更新する予定です!

ドリス
ドリス
お楽しみにね!